BitZenyとは?ウォレットやマイニングについて特徴を徹底解説

マイニングの敷居が低く、

比較的報酬を得やすいBitzenyは、

使えるウォレットはBitZenyWALLETとCryptoBridgeの実質二つなので、

CryptoBridgeに登録するだけですぐに購入の条件は整います。

 

 

Bitzenyのシステムは現在古いものを採用しており、

アープデートされれば人気は爆発的に上がる可能性を秘めているので、

今から購入しても非常に期待の持てる仮想通貨です。

 

そんな注目の日本産仮想通貨のBitzenyをこの記事で紹介します。

 

開発者不明のうわさのBitzenyとは

 

Bitzenyとは2014年に開発された仮想通貨で、

昨年末まで開発者は不明、かつ不在な状況でした。

 

開発者に放置されていたにもかかわらず昨年までの3年間、

有志を募りサービス系の開発に当たるチームまで発足し、支え続けられてきたのです。

 

開発者の正体は現在も正体は不明なのですが、

2017年末にTwitterにおいて以下のような発言しており、

現在は上記のサービス開発チームに合流して一緒に運営にあたっています。

 

 

Bitzenyの通貨単位は「ZNY」で総発行数は2億5000万枚となっています。

相場は2018年1月現在で13円前後、時価総額で9億7500万円ほどです。

 

Bitzenyの注目される理由2つあげてみた

Bitzenyがマイナーコインの中でも注目されている背景には以下の2つがあります。

 

  • マイニングが始めやすく個人でも収益が期待できる
  • ぜにい姫を利用した投げ銭制度がある

 

システムの古いのにも関わらず注目される理由は上記の2点からでしょう。

 

人気の理由①個人レベルでも十分可能なソロマイニング

何と言ってもマイニングが魅力です。

Bitzenyはもともと「誰でも簡単にソロマイニングができるように

という発想から生まれた通貨であり、マイニングのハードルが低いのです。

 

 

ビットコインで起きた資金力がないとマイニングができないという現象を、Bitzenyはシステムによって回避しています。

 

 

具体的にどうハードルが低いのかと言うと、

ビットコインではGPUを使ってマイニングを行いますが、

BitzenyはCPUでマイニングができるのです。

 

ビットコインにはマイニング団体が存在し、企業で投資をしてまでマイニングを行います。

 

そうして構築されたマイニングシステムが相手だと、

個人レベルの投資では到底太刀打ちできません。

 

それを回避するためにマイニングに使用する演算装置をGPUではなくCPUにしたのです。

 

 

ゲーミングPCのような比較的グレードの高いGPUを積んでいるハイスペックPCでも、

ビットコインのマイニングができないのに対し、

CPUの場合は最新型を手に入れるのにもそこまで費用はかかりません。

 

一般家庭にあるようなPCでもソロマイニングができるようになっており、

個人でも比較的利益を出しやすい仕様になっているのです。

 

 

 

 

人気の理由②ぜにい姫というキャラクターを利用した投げ銭制度

また、「ぜにぃ姫」と呼ばれるキャラクターが居り、

ぜにぃ姫のTwitterアカウントを経由して投げ銭をすることができます。

 

投げ銭と聞くと、出費をするだけのシステムで得を感じない人が多いかもしれませんが、

チップ文化のない日本には刺激的な要素になったのか、

想像以上に活用されているようです。

 

また一定の条件を満たした場合、

一部のBitzenyをもらうシステムも存在します。

 

実験的な運用ではありますが、

このぜにぃ姫もコアなファンを作っている要因の一つと言えるでしょう。

 

以下は「ぜにぃ姫」のTwitterアカウントです。

 

Bitzenyウォレットと取引所

 

Bitzenyを扱える場所はかなり限りがあります。

 

後述する将来性の話にもつながりますが、

扱える取引所が少ないのにこれほど注目されているという事は、

逆に将来性があると判断できる要因ともなります。

 

 

扱える取引所はC-CEXではなくCryptoBridgeがおすすめ

日本発祥でありながら、現在は日本の取引所では扱われておらず、

海外の取引所を利用する必要がありますが、代表的な取引所はCryptoBridgeです。

 

 

もうひとつC-CEXという取引所があり、ここがはじめにBitzenyの取り扱いをしましたが、利用することはあまりお勧めできません。

 

システムエラーが頻発する上に、仮想通貨の消失まで起きる場合があります。

 

さらに、なぜか残高のあるアドレスにTrashボタンがついており、

仮想通貨を消し去ることができてしまいます。

ネット上での評判も悪く、利用するならばCryptoBridgeが無難です。

 

Bitzenyウォレットは用意する必要は今のところなし

ウォレット単体として存在しているのはBitZeny WALLETだけです。

CryptoBridgeという取引所ではBitzenyのウォレット機能も付いているため、

別途ウォレットを持つ必要はないでしょう。

 

Bitzenyの将来性はモナコインと同様にあるのか?

冒頭で述べたようにモナコインにつられる形で人気を上げてきたBitzenyですが、

将来性はあるのでしょうか。

 

モナコインと違う点はいくつかあり、それが一長一短なのです。

将来的にどうなっていくのか、その要素を確認してみましょう。

 

Bitzenyの現在はシステムが古く人気がない

もともとモナコインの取り扱いをしていた取引所が海外進出したことによって、

モナコインは知名度を大きく上げました。

 

Bitzenyは現在のところ前述のように取り扱っている取引所が極端に少なく、

国内取引所で扱っているところがありません。

 

 

リョウコさん

日本発祥のコインという点で、日本ではある程度の人気が出ていますが、

海外勢の需要があるとは言えない状況です。

 

さらに、使われているシステムが古いことも人気が上がらない要素の一つとなっています。

逆に言えば、そのおかげで現在の価格は高くないため、チャンスとも言えるのです。

 

 

 

システムが更新されれば将来性は格段に高まる

安いうちにBitzenyを買っていても、価格が上がらなければなんの意味もありません。

プラスに働く要素としては、開発グループが活発化してくることです。

 

古いシステムが仮に更新されるとするならば、価格に直接影響する要素となるでしょう。

 

 

最新情報には常にアンテナを張っておく必要があり、

取り扱いをする取引所が増えた場合もチェックする必要があります。

 

当然、取り扱う取引所が増えると知名度が上がり、

このチャンスを活かそうと購入する人も増え、その段階から価格の上昇が見込めます。

 

価格が上昇すればより注目を集めることになるという相乗効果も期待できるため、

将来性は十分にあると言えるでしょう。

 

また、Bitzenyを使用できる店舗などが登場すると、

日本国内での需要は更に上がる可能性が高く、今後に期待したいところです。

MillionCashBackの更新情報受け取るには、購読ボタンをクリック!  
Your Website Title

キャッシュバック業界No.1リベート率

海外FXサイト「MillionCashBack」

「このサイトで勝ち組トレーダが生まれるのか!?」というのをコンセプトに、
業界最高値のキャッシュバック率と、役立つ情報発信をしていきます。