ボリンジャーバンドのサインをアラームやアラート通知するインジケーター「ボリタッチ」

このページで紹介しているインジケーター「ボリタッチ」はボリンジャーバンドに価格がタッチしたらサインやアラーム、アラートでそれを知らせてくれるインジケーターです。

 

さらに過去の値動きでボリンジャーバンドに価格がタッチした所に自動でチェックを入れてくれるツールです。

 

バンドウォークや逆張りをする際に、ボリンジャーバンドはよく使われると思うので、このようなインジーターを探していたトレーダーは多いのではないでしょうか?

 

 

FXではトレンドや激しい値動きよりもレンジの時間の方が明らかに長くなります。このインジケーターがあればレンジを放っておいてアラームがなったら取引するという事も可能なので、チャートに張り付く時間も少なくなります。

 

過去のチャートにも自動でチェックを入れてくれているので、このインジケーター「ボリタッチ」は検証の際にも必ず役に立つはずです。

 

ボリンジャーバンドに価格がタッチしたらサインがあると、どれだけ便利なのか?

 

FXトレーダーの方々は専業よりも副業としてFXをされている方の方が多いとされています。

専業トレーダーでないならば本業を優先しています。かと言ってせっかくFXトレードをしているので、ここぞ!!というタイミングを逃したくないですよね。

 

  • せっかくチャートを開いているのにチャンスの時に、お風呂に入っていた。
  • 取引したいのに子供が寝てくれない。
  • FXだけでなく他の作業もしたい。

 

上記以外の理由でもチャートに張り付いていられない理由は多いと思います。

もっと深刻なのはチャートに張り付いている時間が長いと、チャンスでもないのに、取引がしたくなり意味のない所で取引してしまうことです。そういったこともアラームがなったら取引をするというルールを用いれば自然と無駄な取引がなくなります。

 

ボリタッチはバンドウォークなどの様々なボリンジャーバンド手法に対応しています。

 

ボリンジジャーバンドは、インジケータの中でも特に人気で、ジョン・ボリンジャー氏が考案したとされ、「価格の大半がボリンジャーバンドの帯(バンド)の中に収まる」という統計学を応用したものです。

 

主な手法は、ボリンジャーバンドの帯に価格がタッチして反転を狙うか帯に沿って価格が推移するバンドウォークだと思います。

ボリンジャーバンドを使った手法だけでも、色々な手法があるので、このツールも様々な方法で活用できるはずです。

 

ボリタッチのサインやアラーム、アラートの設定方法

まずはナビゲーターを表示させるために星のマークのアイコンをクリックします。

次にナビゲーターの中の「インディケータ」をダブルクリックします。

そうすると「インディケータ」の中段辺りに

「Boli Touch」がありますので、

ダブルクッリクをして下さい。

するとウィンドウが開かれますので、

OKを押してチャートに適用させます。

この際に「パラメーターの入力」「色の設定」タブで

ボリンジャーバンドのカスタマイズも出来ますし

アラームの音を鳴らすか、

消音させるかの設定も出来るので、

自身の好みのカスタマイズをする事が出来ますので

ボリンジャーバンドを手法として組み込んでいる方は

色々試してみてくださいね。

MillionCashBackの更新情報受け取るには、購読ボタンをクリック!  
Your Website Title

キャッシュバック業界No.1リベート率

海外FXサイト「MillionCashBack」

「このサイトで勝ち組トレーダが生まれるのか!?」というのをコンセプトに、
業界最高値のキャッシュバック率と、役立つ情報発信をしていきます。