FXのローソク足の見方とは? まずはチャート上の陽線と陰線を理解しよう

このコラムは、FXを始めようかと悩んでいる方やFXを始めたばかりの方向けに、

用語やシーンの紹介を行っています。

 

「スワップポイント」「証拠金」と言ったFX特有の用語、

そして、「通貨ペア」や取引方式のようなFXの仕組みは一通り紹介してきたと思います。

 

今回は、チャートの見方として、誰もが一度は目にしたことがあると思われる、

「ローソク足」について紹介していきます。

なお、このローソク足はFXに限らず株取引などでも基本は同じです。

 

このコラムをいくつか読んで頂いている方はもうご理解頂いていると思いますが、

ここで書かれている解釈やお勧めなどは全て個人的な見解です。

 

一番大切なことは、あなたが投資に成功することで、

そのために、弊社のサイトを読んで、ルールや仕組みを自身でしっかりと理解し、

自分のものにしてもらえればと思います。

 

「そもそもローソク足って何?」

 

「ローソク足」とは、チャート表示スタイルの一つで、

「1日」や「1週間」など任意の時間単位に区切った価格の変動を

図にしたものです。

 

よくテクニカルな分析で様々な線が引いてあるチャートがありますが、

そういったものに比べると、見やすい上に比較的情報が多いというのが特徴です。

 

もちろん、あくまでチャートの一種ですので、ローソク足以外の表示スタイルはあります。

ただ、ローソク足は最初の入門編としては最適ですし、

FXで利益を上げ続けているトレーダーも使用しているので、

一生使えるチャートの表示スタイルです。

ローソク足の基本の見方、4本値を理解しよう

 

では、いよいよローソク足の見方に入っていきましょう。

長方形に見える下記の2つの図がローソク足です。

この長方形の「上辺」と「下辺」の部分が、指定した期間での「始値」と「終値」、

ヒゲの上下の先端が「高値」と「安値」で、これらを4つの値を「四本値」と呼びます。

 

ローソク足の4本値
  • 始値・・・表示しているローソク足が形成された時の始まりの価格
  • 終値・・・表示しているローソク足が形成された時の終わりの価格
  • 高値・・・表示しているローソク足が形成された時の最高の価格
  • 安値・・・表示しているローソク足が形成された時の最安の価格

 

 

ローソク足の種類「陽線」

赤色の四角で表現されているローソク足は、

始値より終値の方が高くなった=相場が上昇したものです。

これを「陽線」と言います。

陽線の場合は、相場が上昇していますので、

ローソク足の下が始値、上が終値となります。

 

ローソク足の種類「陰線」

相場が下落した場合は青色のローソク足となります。

これを「陰線」と呼び、

陰線の場合はローソク足の上が始値、下が終値となります。

 

なお、陽線・陰線どちらの場合も、上のヒゲの先端が高値、

下の先端が安値ということは変わりません。

MT4の初期の設定ではローソク足が白色と黒色で表示されています。

ご自身で見やすいようにローソク足の色を変更しましょう。

ローソク足の中では実際にはどのような動きが起こっているのか?

ここまでがローソク足の基本的な説明です。

ローソク足一つで、上がったのか下がったのか(陽線 or 陰線)、

始値と終値、高値と安値をチャートがゴチャゴチャすることなく把握することが出来ます。

 

ただ、それだけでは、どのような状況を表しているかが分かりにくいと思います。

こんなときは、このコラムでお馴染みの手法、実際のケースで考えてみましょう。

 

「ローソク足そのものが上下に長い」ということは、

ローソク足が上下に長いということは、

それだけその期間内に相場の変動があったということです。

 

そして、「ヒゲが短ければ」一時的な急変動の高値や安値はなく、

順当に変動していったということが想像できます。

とは言え、上下変動を繰り返しながらでも、始値と終値を超えなければヒゲになりません。

 

つまり、ローソク足の情報だけでは、

どれだけ上下変動をしながら終値に向かったのかは分からないということです。

 

そのため、テクニカル分析はもちろん、ローソク足でポイントとなるのは、

複数の時間のローソク足を見るということになります。

 

次の項目はMCBがお勧めするトレードスタイルによる、

ローソク足の設定期間をを解説します。

 

「ローソク足の設定期間」

ポンド円のコラムで紹介したような

「スキャルピング」=短時間での取引を繰り返す手法で、

「日足」と呼ばれるような1日のローソク足でチャートを見てもあまり意味がありません

 

理由は簡単で日をまたぐような取引をしないからです。

短時間での取引を行うのであれば、1時間足で相場の大まかな動きを掴み、

5分足や15分足でトレードをすることが良いです。

 

デイトレードやスイングトレードなどの、

数日間にまたいでの取引を想定しているのであれば、

日足や週足で全体の流れを掴み、トレードタイミングは15分足で

見るの方が良いでしょう。

「ローソク足の見方のまとめ」

ローソク足を見ることで、一定期間における「四本値」と呼ばれる

「始値」「終値」「高値」「安値」の他、

相場が「上昇したのか、下落したのか」を知ることが出来ます。

 

ローソク部分とヒゲの長さの関係から大まかな動きを知ることが出来ます。

この関係の詳しい見方については、また別なコラムで詳しく紹介したいと思います。

 

また、ローソク足では指定した時間・期間内での動きを見るため、

自身が行う取引のスタイルに合った時間・期間足のローソク足を確認する必要があります。

 

専門的なチャートに見えるかもしれませんが、

理解をみればそれほど難しいことではない事が分かったのではないでしょうか。

ローソク足を少しでも身近に、自身のツールとして活用してもらえればと思います。

 

MillionCashBackの更新情報受け取るには、購読ボタンをクリック!  
Your Website Title

キャッシュバック業界No.1リベート率

海外FXサイト「MillionCashBack」

「このサイトで勝ち組トレーダが生まれるのか!?」というのをコンセプトに、
業界最高値のキャッシュバック率と、役立つ情報発信をしていきます。