コワーキーングスペースとは?小ワーキング?個ワーキング?コワーキングの意味を教えて!

コワーキーングスペースとは? (コワーキングルームも含)

 

最近、コワーキングスペースって流行ってますよね?

 

え? 知りませんか?

 

コワーキングスペースですよ。

 

こわーきんぐ…

 

コワーキングスペースとは?

 

一言で言うと、自由に出入りできる作業場や会議室のことを言います。

 

主に、パソコン作業や会議などをする公共の場所です。

 

 

インターネットの普及で昔に比べて働き方が変わってきて現代、パソコン一台とネットさえ繋がればどんな環境でも大抵の仕事はできてしまいます。

 

出先のカフェでで仕事する人もいるでしょう。

 

しかし、カフェだと擦音や周りが気になってしまう場合などにコワーキングスペースは有効だと思います。

 

しかも、コワーキングスペースはプリンターやFAXがありますので会社で仕事するのと変わらない環境が整っています。

 

そして周りも各々の仕事(作業)しているので、”みんながしている感”で集中できます。

 

コワーキングルームは、これからのワークスタイルに欠かせない重要な場所になっています。

 

でも、疑問ありませか?

 

なぜ『コ』ワーキングスペースなの? ”コ”っているの?

 

前の章で説明したとおりコワーキングスペースとは、パソコン作業や会議などをする公共の場所です。

 

ここで疑問が出ます。

 

なぜ”コ”ワーキングなの? コっているの?

 

 

わざわざコを付ける必要があるのでしょうか?

 

普通にワーキングスペースでよくないですか?

 

だって 作業(仕事)をする場所なら

 

作業(仕事)=WORK ワークですよね。

 

だからワーキングスペースでいいはずです。

 

それをわざわざコワーキングスペースを表現するのはなぜでしょう。

 

COとは?

 

コ=CO このCOという単語には単語とくっつけると共同という意味になります。

 

例えば、education (教育)+CO(共同)=coeducation (男女共学)

 

例えば2、founder(創設者)+CO(共同)=cofounder(共同創設者)

 

ですので…

 

working(働く)+CO(共同)=coworking(一緒に働く)

 

コワーキングスペース=共同で作業(仕事)する場所

 

 

共同がポイントですね。

 

間違っても ワーキングスペースワーキングルームではありませんよ。

 

小さいワーキングスペースでも個人のワーキングスペースでもありませんので注意してくださいね。

 

今回は、コワーキングのコって何?について書きました。

 

今後も、身近にある疑問、体験したこと、感じたこと、思ったことを織り交ぜつつ情報を発信していきます。

 

FXの記事はどうしても固い内容なので堅い口調になりがちですが、このような記事の時は自然な口調で綴ると思います。

 

いつでもまた読みに来てくださいね。

 

最後までお読みいただいてありがとうございました。

MillionCashBackの更新情報受け取るには、購読ボタンをクリック!  
Your Website Title

キャッシュバック業界No.1リベート率

海外FXサイト「MillionCashBack」

「このサイトで勝ち組トレーダが生まれるのか!?」というのをコンセプトに、
業界最高値のキャッシュバック率と、役立つ情報発信をしていきます。