FXのダイバージェンス!RSIなどのオシレーター系インジケーターフル活用

永遠の初心者「佐伯」
リョーコさん、ダイバージェンスってリバーサルパターンと、どう違うんですか?ヒドゥンダイバージェンスという言葉もあってよくわかりませんがFXのインジケーターなのですか?

 

リョウコさん
え、佐伯さんどうしたの!?ちゃんと勉強してるってカンジのいい質問ね!

 

永遠の初心者「佐伯」
そうですか、単純になんか似てるなって思って。

 

リョウコさん
前と違って調子にも乗らないし、どうしたの!?まぁ、いいわ。熱心な生徒あってこそ燃えるってものだわ!

 

佐伯さんに何があったのかは分かりませんが、ダイバージェンスってリバーサルパターンと、どこが違うの?と、疑問を持っている方は多いのではないでしょうか?

 

 

リバーサルパターンは、名前の通りチャートの傾向からパターン(形状)を出したもので、そのため、エントリータイミングは比較的分かりやすく、完成タイミングも明確です。

 

 

ダイバージェンスは、エントリータイミングそのものではありません。チャートだけでなく、チャートのトレンド+オシレーター系インジケーターの組合せで、反転や継続の可能性が出てるというサインです。

 

 

ダイバージェンスをしっかりとキャッチ出来ても、エントリータイミングはしっかりと見極めて行かなければなりません。

 

 

そのため、ダイバージェンスとは、オシレーター系インジケーターの見方の中で、オシレーターとトレンドが逆行しているときの解釈、考え方だと認識してもらえればと思います。

 

FXのダイバージェンスとはインジケーターの逆行

 

まずは、そもそも言葉の意味からですが、ダイバージェンスとは「逆行現象」のことです。

 

では、何の逆行現象かと言うと、オシレーター系インジケーターとチャートのトレンドの逆行です。

 

ここでおさらいですが、オシレーター系インジケーターとは、オシレーター(振り子)のように「売られ過ぎ」「買われ過ぎ」を示す指標(インジケーター)です。どちらかに偏れば、元に戻ろうとする正に「振り子」のようですね。

 

 

オシレーター系インジケーターはトレンドの方向性を把握するのは不向きです。

例えば、強い上昇トレンドが発生しているときはひたすら買われている状況で、オシレーター系インジケーターは買われ過ぎを示し続けます。

 

ここで、「買われ過ぎが続いている、そろそろ反転するだろう」と、オシレーターだけを見てエントリーすると、大火傷の危険性があります。

 

 

そのため、オシレーター系、トレンド系、チャートのパターンなど、様々な手がかりからエントリータイミングを探りましょう、というのが基本的な話でした。

 

 

 

リョウコさん

今回のテーマであるダイバージェンスは、例えば上昇トレンドの中、オシレーター系インジケーターが売られ過ぎを示すような、一見「!?」というときの状況です。

 

ちなみに、使うオシレーター系インジケーターは、RSIでもストキャスティクスでもMACDでも構いません。

 

 

FXでのダイバージェンスは、以下の2パターンです。

単純にトレンドとオシレーターが逆行しているだけでは、厳密にはダイバージェンスとは言いません。

 

ダイバージェンスのパターン①下降トレンドからの反転予兆

下降トレンドのときは下値に注目します。トレンドの下値が切り下げられているのに、オシレーターの下値が切りあがっているとき、反転して上昇する前触れと捉えることが出来ます。

 

 

ダイバージェンスのパターン②上昇トレンドからの反転予兆

上昇トレンドのときは上値に注目します。トレンドの上値が切り上げられているのに、オシレーターの上値が切り下がってるとき、反転して下降する前触れの可能性があります。

 

 

つまり、トレンドに反してオシレーターが反応しているとき、トレンドが転換するかもしれないということです。

 

ダイバージェンスでの大切な考え方

ダイバージェンスは相場反転のです。

前触れ」と言っているのは、すぐに反転するわけではないので、

エントリータイミングは、しっかりと見極めなければなりません。

 

ただ、これこそがダイバージェンスの真価となる部分で、

トレンド系インジケーターは相場の動きを後から反映しますが、

ダイバージェンスは先に予兆を教えてくれるということです。

 

とは言え、ここから「必ず反転する」という訳でもないので、

「トレンドが少し弱まってる」という感じで、

 

所持ポジションの決済タイミングやエントリータイミングの見直し、

ちょっと普通とは違う流れになっているという注意喚起くらいに捉えるのがお勧めです。

 

 

インジケーターRSIを使ったダイバージェンスのチャート画像

 

永遠の初心者「佐伯」

ダイバージェンス確認後、価格が下降していっているのがわかります。

これはパターン②ですね。

 

 

ヒドゥンダイバージェンス!?何が『隠されて』いるのか

 

ダイバージェンスの難しいところは、実は「ヒドゥンダイバージェンス」と言って、トレンド継続の予兆を示すダイバージェンスもあるというところです。

 

 

「ヒドゥン」というのは、音ゲーファンの方などにはお馴染み、「隠された」という意味ですね。

 

正直、別に隠れてはいないのですが、「ダイバージェンスだ!→反転だ!」という、思考停止状態で突っ込むとこれまた大火傷になるのです。ヒドゥンダイバージェンスは、反転ではなく継続の予兆です。

 

 

ヒドゥンダイバージェンスの見極め方

ヒドゥンダイバージェンスの見極め方は通常のダイバージェンスと逆です。

しかし、要素が多いため、何が逆なのか間違えないようにすることが大事です。

 

ヒドゥンダイバージェンスによる下降トレンドの継続予兆

先ほど、下降トレンドのときは下値に注目していましたが、今度は上値に注目します。

トレンドの上値が切り下げ、オシレーターの上値が切りあがっているときが、下降トレンドのヒドゥンダイバージェンス、つまり、トレンド継続の予兆です。

 

 

ヒドゥンダイバージェンスによる上昇トレンドの継続予兆

通常のダイバージェンスでは、上昇トレンドは上値を見ていましたが、ヒドゥンの場合は下値を見ます。

 

トレンドの下値が切り上がっているにも関わらず、オシレーターの下値が切り下がっている場合、上昇トレンドの継続予兆です。

 

 

インジケーターRSIを使ったヒドゥンダイバージェンスのチャート画像

 

FXでのダイバージェンス、ヒドゥンダイバージェンスが機能するとき

 

永遠の初心者「佐伯」

上値と下値がそれぞれ別の動きをしていて、同時にダイバージェンスとヒドゥンが出たら一体どうなるんでしょうか?

 

 

 

リョウコさん

そういう場合はダイバージェンス、ヒドゥンともに機能していません。

ダイバージェンス、ヒドゥンダイバージェンスが効果を発揮するのはトレンド相場のときよ。

 

 

ここで、少し整理しましょう。

オシレーター系インジケーターは、持ち合い相場(レンジ相場)で効果を発揮します。

 

売られ過ぎ、買われ過ぎの指標なので、トレンドが発生しているときは意味がなくなります。

ですので、トレンド相場が発生しているときは通常あまりオシレーターは見ないんですね。

 

ただ、「今はトレンド相場だから」と気にかけていなかったオシレーターが実は、声なきシグナルを出していたというのがダイバージェンスであり、ヒドゥンダイバージェンスです。

 

FXでのダイバージェンスの本当の使い方のまとめ

ダイバージェンスはエントリータイミングそのものではありません。

予兆、前触れなので、エントリータイミングはしっかりと見極めなければなりませんが、遅効性(結果を元に分析する)のインジケーターに対して、先に気配が分かるというのは非常に重要です。

 

 

また、オシレーター系インジケーターは通常はレンジ相場で効果を発揮します。

トレンド相場では使い道はなかったのですが、トレンド相場中に相場と違う動きをしているのがダイバージェンス=逆行現象です。

 

 

ダイバージェンスには、反転の予兆になる通常のダイバージェンスと、トレンド継続の予兆となるヒドゥンダイバージェンスがあります。

これらはトレンドの上値とオシレーターの上値の比較、同様に下値同士の逆行現象が鍵となります。

 

 

予兆ということで、他のシグナルとはカテゴリが異なるため、重要なシグナルですが、エントリータイミングが難しく、また必ず反転・継続するとも限りません。

 

そのため、トレンド系インジケーター、オシレーター系インジケーター、パターンなど総動員しながら、相場の見極めに役立ててもらえらばと思います。

 

 

 

MillionCashBackの更新情報受け取るには、購読ボタンをクリック!  
Your Website Title

キャッシュバック業界No.1リベート率

海外FXサイト「MillionCashBack」

「このサイトで勝ち組トレーダが生まれるのか!?」というのをコンセプトに、
業界最高値のキャッシュバック率と、役立つ情報発信をしていきます。