イーサリアムの今後の将来性は?FXのテクニカル分析を使った価格予想

イーサリアムはビットコインの次に人気の仮想通貨です。

スマートコントラクトなど独自の技術をもち、将来性も期待されています。

 

 

今回はイーサリアムの価格がどうなるかテクニカルをもとに予測しています。

さらにはイーサリアムがどんな仮想通貨も確認しつつ、

今後どのようなニュースを参考にしていけばいいかもまとめてるので、参考にしてみてください。

 

イーサリアムの今後の価格予想

まずはチャートのテクニカル分析もふまえ、

簡単に価格を分析してみたいと思います(2018年1月21日時点)。

イーサリアムの価格予想グラフ

イーサリアムの価格は何円まで上がる?

2018年1月に入り、ビットコインの規制のニュースにより、仮想通貨全体の価格が暴落しました。

 

 

・高値は18万サポートは9万円

現時点で高値は約18万円、暴落により9万円がサポートとなっています。

基本的には上昇トレンドなので、9万円が割れるまでは買いの姿勢です。

ただ、これから規制の動きが強まるとおそらく9万円のサポートも抜けてしまうでしょう。

 

 

・次のサポートの価格帯は6万円~7万5000円

もし、9万円がわれるようであればそこで下げ止まるかに注目です。

9万円がサポートされるようであれば価格は上昇していくものと思われます。

 

 

イーサリアムにFXのフィボナッチ数列を使った価格目標予想

ここからはさらにFXでよく使われるフィボナッチという、

テクニカルから計算された価格目標を簡単に紹介してきます。

 

・第一目標は14万円

まず今後価格が上昇するのであれば14万円を超えられるか注目です。

 

・第2目標18万円

そして第二目標は前回高値の18万円。

ここを超えてキープできるようだと次の新高値までまた上昇していくでしょう。

 

・新高値の目標は20万円

20万など節目の位置は意識されるので20万円台をキープできるかに注目です。

 

・最大で27万円が目標か

異常な暴騰がない限り、まずは27万円が現実的な価格目標となりそうです。

ここを超えるとさらに上昇しますので、まずは注目しておくといいでしょう。

 

イーサリアムの復習

さて、ここらは「イーサリアムとはどんな仮想通貨なのか」を軽く復習しましょう。

イーサリアムはもともと独自の技術をいくつかもっています。

重要なものと今後の動向に関係のある要素をかんたんに確認しておきましょう。

 

一つ目が「スマートコントラクト」です。

二つ目は今後の注目ポイントでもある「PoW(Proof Of Work)」です。

 

スマートコントラクトとは

 

スマートコントラクトはビットコインにない技術であり、

これがイーサリアムの人気を高め、注目されている要因にもなっています。

ものすごい簡単に説明してしまうと「契約をブロックチェーン上に書き込める技術」です。

 

 

スマートコントラクトを使用することにより、

ブロックチェーンを私たちの生活で使うことができる」と期待されています。

 

スマートコントラクトの詳細

上の説明だけ聞いてもピンとくる方は少ないと思うので、もう少し詳しくみていきましょう。

よく言われるのが自動販売機の例えです。

自動販売機にはもともと契約から決済までの流れが記憶されています。

  1. 購入者がお金を入れる
  2. 買いたい飲み物のボタンを押す
  3. 飲み物が出る

 

この一連の約束事が自動販売機には記憶されています。

スマートコントラクトはこれをブロックチェーン上で行おうとするものです。

 

さらに、自動販売機には「業者」という第三者が存在しますが、

スマートコントラクトは購入者と当事者がちょくせつやり取りをすることができるのです。

 

Proof Of Work(プルーフオブワーク)とは

 

Proof Of Work(プルーフオブワーク)とは、

イーサリアムのマイニングシステムのことです。

 

ネットなどでは略されてPoWと表記される場合が多いです。

スマートコントラクトやDappsなど高い技術をもつイーサリアムですが、

実はこのPoWが唯一の弱点です。

 

PoWはWork(ワーク)の名の通り、

「承認作業をすればするほど、マイニング報酬がもらえる仕組み」になっています。

 

一見、なにもないように思えますが、

これはある特定の人物やグループに報酬が偏ってしまうことになりかねません。

 

マイニングするためにパソコンにお金をかけたりなど、そこで格差が生まれてしまうのです。

 

次からはイーサリアムの価格に影響を与えるキーワードを解説しながら注目ポイントをみていきましょう!!

 

イーサリアムの2018年注目ポイント

 

イーサリアムにとって良いニュースが流れれば価格は上昇しますし、

逆だと下がります。ただ全部のニュースをチェックするには時間がない人もいるでしょう。

ここではイーサリアムに注目する人が何に注目しているのかを簡単にまとめてみました。

 

PoWからPoSへの移行

先ほど説明したPoWですが、イーサリアムの弱点でした。

しかし、すでにイーサリアムのエンジニアたちは、

公式にPoS(Proof Of Stake)へ移行することを発表しています。

 

 

Proof Of Stake(プルーフオブステイク)もマイニングのことで承認システムのひとつです。

イメージとしてはPoWの上位互換だと思っておけばいいでしょう。

先ほどのPoWにあったマイニング報酬の偏りを改善することができます。

 

 

 

ただ現時点で完全な実装までは3~5年かかるといわれています。

ただ、PoSに関するアナウンスが流れれば価格が変動する可能性は高いので、

覚えておいたほうがいいでしょう。

 

コンスタンティノープル??アップデートのアナウンス

実はイーサリアムは予定されているアップデート(ハードウォーク)があり、

ステージは4段階まで決められています。

 

 

リョウコさん

現段階でフロンティア→ホームステッドというステージまでアップデートされ、

2017年10月にはメトロポリスというステージ3の段階までアップデートされました。

 

PoSの実装とかぶるとこがありますが、

アップデート=レベルアップするということはイーサリアムがより実用的になるということであり、

内容によっては価格が暴騰する可能性もあります。

 

 

 

ステージ3のメトロポリスですが、実は2段階に別れていてまだ完了していません。

直近では2017年10月に「メトロポリス‐ビザンティウム」というアップデートが行われました。

 

そして「メトロポリス‐コンスタンティノープル」というアップデートでメトロポリスが完了します。

こちらのニュースが流れれば高確率で価格が変動すると思うので、

イーサリアムを取引している方がいれば注目しておきましょう。

 

また、アップデートは通常「ハードウォーク」と表記されるので注意してください。

ビットコインを初めとする仮想通貨全体の動向

2018年に入り、ビットコインの値動きが不安定になってきています。

中には「バブルが弾けた」という人もいます。

 

アルトコイン(ビットコイン以外の仮想通貨の呼び名)は、

ビットコインの価格が上がれば一緒に上昇してきた面があります。

なので、ビットコインの価格が下がればもちろん、アルトコイン(イーサリアム)も下がるでしょう。

 

また、世界的な仮想通貨熱が強まり、国が規制する動きもでています。

各国の規制のニュースにも注目です。

 

まとめ

イーサリアムは人気の仮想通貨であり、その人気は衰えていません。

人気の理由は何かを確認し、価格上昇にかかわるニュースはチェックしておくといいでしょう。

 

その時の目安は27万円です。テクニカルポイントはいったんの目安になるので、

その価格に近づいたら注目するとよいでしょう。

MillionCashBackの更新情報受け取るには、購読ボタンをクリック!  
Your Website Title

キャッシュバック業界No.1リベート率

海外FXサイト「MillionCashBack」

「このサイトで勝ち組トレーダが生まれるのか!?」というのをコンセプトに、
業界最高値のキャッシュバック率と、役立つ情報発信をしていきます。