イーサリアムとは?利用方法や投資としての価値について特徴をあげてみた

ビットコインの次に台頭してきた仮想通貨として有名なのがイーサリアムとなっていますが、

イーサリアムは本来、仮想通貨として作られたものではありませんでした。

実際にはビットコインとは全く異なるコンセプトで作られているということが特徴的です。

イーサリアムの特徴とは?

イーサリアムというのは、日本では仮想通貨の一部として取り扱われていますが、
元々はスマートコントラクトのプラットフォームとして開発されていました。

そのプラットフォームとして使われている技術の一部で、

ETH(イーサ)」という仮想通貨が誕生したとされています。

そのため、実際にはイーサリアムという技術の中の仮想通貨だということを知っておいてください。

こちらでは、イーサリアムの特徴について詳しく紹介していきます。

仮想通貨としてのイーサリアムについて

上記でも紹介したように仮想通貨としてのイーサリアムというのはETHのことを指していて、

本来はイーサリアムのプラットフォームで、構築されたコンテンツを利用するための料金の決済方法として用いられていました。

海外のコンテンツの中にはイーサリアムのブロックチェーン技術や、

スマートコントラクトを用いたコンテンツなども開発されていて、

そのコンテンツの利用料金を支払うためにETHが利用されている。

というケースも多くなっているのが特徴的です。

勘違いの無いように説明しておきますが、

ETHも仮想通貨として利用されているということになっていて、

時価総額についてはビットコインに次ぐ第2位となっていることが挙げられます。

まだまだ日本国内では投資商品としての価値しか無いとされていますが、

今後はETHを使って実店舗でも買い物をすることが出来る。

というようなサービスが供給されるようになると思われますので、

今後の展開に期待できるということになります。

イーサリアムの3つの特徴について

本来のコンセプトでもある、プラットフォームとしてのイーサリアムについて紹介していきます。

イーサリアムでは、スマートコントラクトを作成することが出来るブロックチェーン対応のプラットフォームということになっています。

この時点で頭にハテナが思い浮かんでいる人は多いと思われます。

イーサリアムの特徴を理解するためには、

  1. 「スマートコントラクト」
  2. 「ブロックチェーン」
  3. 「プラットフォーム」

以上の3つの単語について理解しなければならないということです。

特徴1スマートコントラクト

まずはスマートコントラクトについてですが、

こちらは文字通り「コントラクト(契約)」を「スマート(手早く)」に行う。

ということを指していて、自動的に契約を締結してくれる。というようなシステムです。

特徴2ブロックチェーン

次にブロックチェーンについてですが、

こちらは他の仮想通貨にも使われている技術となっていて、

ブロック(情報の塊)」を「チェーン(鎖)」状に管理するというシステムです。

1つのホストコンピュータではなく、

利用している全てのコンピュータに分散してシステムを管理するというシステムのことを指します。

特徴3プラットフォーム

最後にプラットフォームについてですが、

こちらはコンピュータ用語で「システムやソフトウェアが動作するための土台」

という意味があります。

これらを組み合わせて全てを日本語で表記すると、

「全てのコンピュータで情報を管理することが出来て、

手早く契約の手続きをすることが出来るシステムやソフトウェアの土台」という意味になります。

簡単に言えば、中央集権システムではなく、

各個人でデータや情報を管理することが出来るシステムを作ることが出来る技術。

というように考えても問題ありません。

イーサリアムを利用したプラットフォームについて

イーサリアムの特徴は、簡単にいえば上記の3点ですが、

その中の1つであるプラットフォームがどのように展開されているのか?

ということについて詳しく紹介していきます。

イーサリアムは、個人間での記録を残すのにも最適なツールとなっていますが、

当然のことながら互いにイーサリアムを利用していないと利用することが出来ない。

ということが挙げられます。

そのため、2018年1月現在では、

個人間よりも企業がイーサリアムの技術を使って、

コンテンツを提供するというようなケースが多くなっていますので、

それらもいくつか紹介していきます。

現在イーサリアムを利用したプラットフォームはREAL BOOSTとAugur

イーサリアムを利用したコンテンツに関しては、いくつか展開されていますが、

その中でもこちらでは2つのコンテンツについて紹介していきます。

1つ目は「REAL BOOST」というコンテンツになっていて、

こちらはイーサリアムを決済に利用したクラウドファンディングサイトです。

従来のクラウドファンディングサイトの場合は、

法定通貨で決済を行う仕組みになっていたために、

送金手数料の問題から基本的には国内での決済が主となっていました。

しかし、仮想通貨でもあるイーサリアムを決済方法として選択したために、

国境を超えて支援を募ることが出来たということになります。

REAL BOOSTは日本語、英語、中国語の三ヶ国語に対応していますので、

多くの国々から支援を受けることが出来るということが特徴的になっています。

2つ目は「Augur」というプラットフォームです。

こちらはオープンソースのシステムとなっていて、

未来予測市場のためのプロトコルだとされています。

主な利用方法については、ギャンブルマーケットの構築となっていて、

従来のギャンブルのように胴元が必ず勝つというような仕組みではなく、

配当をユーザーに分配するというような仕組みの構築を目標にしていることが特徴的です。

イーサリアムが向かう未来はコンテンツが充実すればその価値を発揮する

イーサリアムは、既に仮想通貨としての地位を不動のものとしている、

ビットコインとは異なるタイプの技術となっています。

もちろん、仮想通貨として利用されることもあると思われますが、

法定通貨の代わりとして利用されているビットコインよりも、

今後の展開については幅が広くなっていることが特徴的です。

2018年現在では、まだまだコンテンツが充実していないということも否めませんが、

今後やメディアやシステムの方面でイーサリアムが活躍するのではないか?

と予測することが出来ます。

イーサリアムの利用方法と、投資商品としての価値は?

イーサリアムを利用する方法は決済手段とシステム構築の2つ

イーサリアムを利用する方法については、主に下記の2点に分かれます。

  • 仮想通貨の決済手段の一つとして利用する
  • 新たなプラットフォームとしてシステムを構築する

どちらの方法に関しても上記で紹介しましたが、

大まかに分けるとこの2点のみとなっていることが特徴的です。

イーサリアムを手に入れる方法については、

他の仮想通貨やアルトコインを手に入れる方法と変わりませんので、

基本的には取引所を介して手続きをするということになります。

イーサリアムの投資商品としてではなく投機として考えよう

投資商品としてイーサリアムを見ると、2017年に高騰しているということが挙げられますので、

近い将来で見ると2017年のような大幅な高騰は無いと予測することが出来ます。

しかし、イーサリアムというのは上記でも紹介したように、

通貨としての役割だけではなく、システムとしての役割が強くなっています。

そのため、イーサリアムを利用したコンテンツが出来ることによって、

2017年のように高騰することが考えられますので、

ビットコインのように安定した仮想通貨ではなく、

投機目的でイーサリアムを購入するというのは面白い選択だと思われます。

MillionCashBackの更新情報受け取るには、購読ボタンをクリック!  
Your Website Title

キャッシュバック業界No.1リベート率

海外FXサイト「MillionCashBack」

「このサイトで勝ち組トレーダが生まれるのか!?」というのをコンセプトに、
業界最高値のキャッシュバック率と、役立つ情報発信をしていきます。