2018/01/22

レバレッジのリスクと強制ロスカット

 

この記事を書いている人 - WRITER -

この「初心者ルーム」のコラムでは、

どちらかというとこれからFXを始めようと考えている方向けに、

仕組みや用語の紹介をしています。

 

ただ、既にFX取引をされている方でも、

突っ込まれると説明が出来ないことなんかもあるので、

正しい理解の上で、FX取引に役立ててもらえたらと思います。

今回は、FXを語る上で避けて通れない「レバレッジ」について紹介していきます。

FXのレバレッジとはどんな役目なのか?

前回の証拠金のコラムで挙げた例ですが、

「12万の元手で1ドルあたり1円変動して、1,000円かぁ」と思った方はいませんか?

また、実際の相場では短期間に何円も動いたりすることはあまり多くありません。

 

「なんかしょぼいなぁ、FX」そんな声が聞こえてきそうですが、

これだけなら大して魅力がない投資になってしまいます。

ここからはFXの大きな特徴の一つである「レバレッジ」について紹介していきます。

レバレッジをかければ少額でも投資可能という意味

FXの広告でよく目にするのは「少額でも投資可能」という文言。

ただ、先ほどの例にあげた「10万円が少額かどうか」というのは、異論のある方が多そうです。

ここで登場するのが「レバレッジ」というFX特有の仕組みです。

レバレッジ=テコの原理とは?

レバレッジ(reverage)はテコの力、テコ装置という意味で、

イメージとしてはシーソーでしょうか。

例えば、あなたが少年誌的発想で25人の分身でシーソーの片側に乗ります。

それに釣り合うのは当然25倍の重さのものです。

 

 

そう、これは別なコラムで触れた証拠金に対しての話です。

レバレッジ25倍というのは、

証拠金の25倍に相当する金額の取引が可能になるということです。

レバレッジをかけすぎると強制ロスカットさせてしまうかも

先ほどの例だと、12万の元手金は300万円相当の取引が可能になります。

結構パンチがある一文ですね。

 

ここでちょっと面食らった方がいるかもしれませんが、

300万円が相場の急変によって一瞬で溶ける。

視界が「ぐにゃあ」となり、一瞬で借金300万円に、

「ざわ…」という音が聞こえてきて…とはなりません。

 

前回のコラムで紹介したように、

証拠金に対しての維持率によって強制ロスカットが発動します。

ですので、証拠金以上のマイナスになることはそうそうありません。

 

ここで「そうそう」と書いているのは、歴史的相場急変があった場合、

強制ロスカットが追いつかなくなることが稀にあります。

 

強制ロスカット発動のパーセンテージを割り込んだ際に、

相場変動が急激過ぎたため、決済注文が遅れてしまった場合、

証拠金以上のマイナスになる可能性があります。

レバレッジのリスク

証拠金以上のマイナスになると、どうなるかは海外FXの場合は、

レバレッジの倍率がいくつであろうと、拠金以上の損失は原則ありえません。

 

 

では、リスクは何かというと、細かい相場の動きが大事になってきます。

例えば、レバレッジ25倍で1万通貨単位分=1万ドル分を購入しました。

なお、このとき必要な証拠金は45,200円(1ドル113円×1万ドル÷25)です。

先程の1,000通貨単位分と比べるとどうなるか。

 

1ドルあたり1円動くと、1万円分の損益に繋がります。

そして、0.1円動くと1,000円分の損益に繋がります。

5万円程度の元手で0.1円動くと1,000円分の損益です。

大分現実感を帯びてきたのではないでしょうか。

 

あるいは、5,000円程度の元手金で、1,000通貨単位分の保持が出来ます。

これが、先に触れた「少額からでも投資可能」の実体です。

 

海外FXと国内FXのレバレッジ

レバレッジ25倍を例に挙げたのは、国内FXの最大レバレッジが25倍だからです。

海外のFXではレバレッジの桁は一つあがり、200倍、

400倍という数字が普通に存在します。

 

この辺りは海外FXと国内FXの比較のコラムでも取り上げていますので、

「相場がなかなか動かなくて利益を出しにくい」と嘆いている方は、

そちらも見てもらえればと思います。

最小取引通貨単位に注意

また、レバレッジの他にも、各社ごとに「最小取引通貨単位」というものを設けています。

極端な例を挙げると、「1通貨単位から可能」という会社もあるので、

この場合は本当に数百円程度からFX取引が可能です。

 

レバレッジの高さに惹かれたけど、結局最小取引が100万通貨単位とかですと、

実際に必要な元ではそれなりの金額になります。

自分にあった取引が出来る会社を選ぶことを心がけたいですね。

レバレッジと強制ロスカットのまとめ

レバレッジの仕組み、いかがでしたでしょうか。

ロスカットの仕組みがあるため、よくイメージとして挙げられるような、

「身の丈以上の取引をして、身の丈以上の借金を背負う…」

みたいなものではないということを覚えてもらえたらと思います。

 

ただし、レバレッジをかけることで相場の変動のより強く受けますので、

ロスカットの可能性が高まっていることは事実です。

 

レバレッジの運用としては、「倍率を上げてハイリスク・ハイリターンを狙う」というよりは、

少額での取引が可能ということや相場の変動幅が小さくても、

損益を得ることが出来るという特徴の方が重要です。

 

この辺は自分が取引しようと考えている通貨ペアの特徴や、

自身がどういったスタイルで取引するか、投資可能額等、

状況によって適したものが変わってくるかと思います。

 

そして、自分に合ったものを選ぶためにも、

まずはしっかりとそれぞれの要素を理解してもらえればと思います。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© 海外FXキャッシュバックサイト!MCB , 2017 All Rights Reserved.