MACDでスキャルピング!ダイバージェンスを使ったFXの手法を考えてみた

MACDというインジケーターを使ったテクニカル分析っていまいち使い方が分からないという方が

いるかと思いますが、MACDはトレンドフォロー系のテクニカル分析で、

正式名称は「Moving Average Convergence Divergence」というものです。

 

 

日本語に直すと「移動平均収束拡散法」と言います。

チャートを表示させたけど、二次関数のグラフみたいで見方がよく分かりにくいですよね?

 

あわせて読むのにおすすめ

 

そもそもMACDって何?

先ほど話しがあった通り、MACDとは移動平均収束拡散法と言います。

チャートのお供に使われる移動平均とは違い、

MACDは指数平滑移動平均を使って計算をされます。

 

 

指数平滑移動平均は平均を取る時により新しい価格の比重を、高くするように計算されてます。

言葉で言うととても難しいのですが、

これを見るとトレンドと売買のタイミング(ダイバージェンス)を知ることができるのです。

 

トレンドの転換ポイントをMACDのダイバージェンスで察知する

 

ダイバージェンスとは、直近高値よりもレートが上がっているのに、

MACDの数値は直近高値を下回る逆行現象ことです。

 

 

この手法はダイバージェンスを見つけるところから始めなければなりません。

目安としては、チャートが高値を更新しているのに、

MACDはそれと逆の動きをしていたら要注目、

MACDが高値を更新していない場合でも注目してください。

 

 

基本的にMACDを使ったトレードは、ダイバージェンスが発生するまで待ちのスタイルなので、それまでじっと待ちましょう。

 

MACDのダイバージェンスを実際に確認してみよう

 

上の図を見てください。これは実際のドル円のチャートになります。

一見普通のチャートに見えますが、ここにはダイバージェンスが発生している箇所があります。

それは真ん中の21:05近辺になります。

 

ここを見てもらうと、今までチャートは下にトレンドを出し続けておりましたが、

MACDはそれとは違う相反する動きを見せております。

先ほど説明をした通り、MACDは基本的にチャートと連動して動いていきます。

 

チャートが上昇すればMACDも上昇をする、

チャートが下降をすればMCADも下降をするという具合です。

 

上の図はチャートとMACDが連動しておらず、別々の動きをしているタイミングです。

ここから下降に転じていたトレンドが、転換期を受けて上昇する可能性が出てきました。

実際に見て見ると、見事にアップトレンドを形成しております。

 

しかし、これはあくまで可能性が高くなるということで、確実では決してありません。

そこからまた下がりだす可能性も無きにしも非ずです。

テクニカル分析系は、あくまで可能性が高くなるだけで、絶対ではないことは忘れないでください。

 

MACDでスキャルピングトレードをする際の注意点

 

もちろん便利に見えるMACDのスキャルピングトレードですが、

使い方を間違えると全く機能しないテクニカル分析になります。

 

それはMACDのスキャルピングは、

トレンドに逆行するダイバージェンストレンドが発生する可能性もあるということです。

 

要は騙しということですね。これはどのようなトレードであっても、

必ずついて回ることではありますが、MACDも例外ではありません。

 

新しいテクニカル分析を使うときは、いきなり運用するのではなく、

必ずデモトレードを行うか、損失を出してもあまり被害がないくらいの例リスクで運用してから使いましょう。

 

チャートとMACDがわかりやすくダイバージェンスしていればいいのですが、

毎回必ずそんなわかりやすくなっているとも限りません。

 

 

MACDを使い続けていけば、微妙なチャートの変化であっても掴むことができるようになります。

そうすれば、トレードできるタイミングが増え、利益を掴むチャンスを逃さずにすみます。

そのため、本格的にトレードをする前には、練習を積んでからにしましょう。

 

 

「MACDでスキャルピング!ダイバージェンスを使った手法」まとめ

いかがでしたでしょうか?MACDはテクニカル分析の中でも、ポピュラーなもので使っている人も大勢います。

練習を積めば誰にでも活用できるのが魅力ですが、その分騙しもあります。

MACDを利用して利益が上がらない人は、騙しに気づいていないか、使い方を間違っている人です。

 

今回話をした、ダイバージェンスとチャートの動きの相関性を理解し、

MACDを使ったスキャルピングを練習すれば、

必ずやFXトレードにおいて利益を上げることは可能です。

MillionCashBackの更新情報受け取るには、購読ボタンをクリック!  
Your Website Title

キャッシュバック業界No.1リベート率

海外FXサイト「MillionCashBack」

「このサイトで勝ち組トレーダが生まれるのか!?」というのをコンセプトに、
業界最高値のキャッシュバック率と、役立つ情報発信をしていきます。