FXの移動平均線!MT4での設定とゴールデンクロスを含む3大手法とは?

移動平均線というのは、本来は統計分析などで使われているのですが、グランビルの法則の手法を公開したグランビル氏が、FXの世界でも「移動平均線はテクニカル分析に、とても有効だ。」といった発表したことで、FXトレーダーの世界でも広がったとされています。

 

 

また、移動平均線とそのまま呼ぶと長いので、トレーダー達は移動平均線の英語である「Moving Average」の頭文字を取り、「MA」と呼んでいたりします。

 

さて、この移動平均線ですが、さすが世界中のトレーダーが意識しているとあって、一度、売買サインが発生すると、多くの投資家の資金が市場へと流れ込んでくるため相場がガラッと様変わりする事もあります。

 

 

MT4で複数表示も出来る移動平均線の設定

複数の移動平均線をMT4に表示させる画像1

複数の移動平均線をMT4に表示させる画像1

 

それではMT4での移動平均線の設定方法です。

メニューバーの「挿入」「インジケータ」「トレンド」「Moving Average」という順番にクリックをすると設定に使用するポップアップウインドウが、開かれます。

 

複数の移動平均線をMT4に表示させる画像2

複数の移動平均線をMT4に表示させる画像2

 

 

MT4で設定できる移動平均線のパラメーター

  • 期間:平均値を算出するロウソク足本数を指定
  • 移動平均の種別:SMAかEMAかその他の種類か
  • 適用価格:平均値を算出するロウソク足のどの価格を適用するか
  • スタイル:MAの色や太さを指定

 

上記の項目を任意の設定値にして「OK」クリックするとチャートに移動平均線が挿入されます。

 

移動平均線をMT4に表示させた画像1

 

複数の移動平均線を表示させるには設定値を変える。

複数の移動平均線をチャートに表示させたい場合は、パラメーターの「期間」を既に表示してある、移動平均線と違う数値に変えると表示されます。

 

この時に「スタイル」で色の変更をしておくとチャートが見やすくなります。

 

 

FXのMT4で複数の移動平均線を使った手法ゴールデンクロスとデッドクロス

それでは、移動平均線を使用した手法についてのお話です。

冒頭での説明の通り、テクニカル分析の中で、とても意識されているインジケーターの移動平均線は、トレンド系のインジケーターと分類されています。

 

 

トレンド系インジケーターとは、その名のとおり洋服の服のトレンド知ること、と同じで、その時の流行を知ることが出来るものです。

 

つまりは、買いが流行しているのか?売りが流行っているのか?が分かる。という事になります。

 

そんな移動平均線を使った手法の代表例、ゴールデンクロスとデッドクロス。さらにはパーフェクトオーダーといったものを今から紹介します。

 

 

買いが流行のサイン「ゴールデンクロス」

FXの複数移動平均線を使ったMT4画像1

FXの複数移動平均線を使ったMT4画像1

 

移動平均線で多いのは、日足なら、短期:5日間の平均(5MAと表現します)、中期75MA、長期200MAといった期間のものから、2本もしくは3本の平均線の傾向を見ることがポピュラーな見方です。

 

 

そして、分かりやすい買い(=上昇)サインとして言われるのが、「ゴールデンクロス」というものです。

 

短期の移動平均線が、長期(または中期)移動平均線を下から上に抜けることを「ゴールデンクロス」と言います。

 

画像では、左下の方のピンク=短期線が、青=中期線を下から上に抜けた瞬間がゴールデンクロスとなります。

 

短期MAが中期・長期を抜けてグググっと上がってきたということは、短期トレンドが上がってくるであろうということですね。

 

 

ゴールデンクロスが出たからといって飛びつくのは危険!?

 

ただし、このゴールデンクロスは非常に分かりやすいサインですので、相場の裏をかいて利益を出そうとしている人もいます。

 

また、当然ですが、ある程度高騰すればそれだけ手放す人もいるわけで、いつまでも上がりっぱなしにはなりません。

 

このように、実際の相場ではゴールデンクロスが発生したからと言って、必ずしも毎回急騰するかということ、そういうわけでもありません。

 

このようにゴールデンクロスが発生したにも関わらず、相場が上がらなかった場合を「だまし」と呼びます。

 

こうしただましに惑わされないようにするために、他の指標やファンダメンタルズ分析が必要となってくるわけですね。

 

 

FXでの売りのサイン「デッドクロス」

FXの複数移動平均線を使ったMT4画像2

FXの複数移動平均線を使ったMT4画像2

逆に、短期線が中期(もしくは長期)線を上から下に抜けることをデッドクロスと呼びます。

これはゴールデンクロスの逆で売りサインとして知られています。ただ、だましがあるのはデッドクロスも同様です。

 

 

MT4で複数の移動平均線を使ったパーフェクトオーダー

ゴールデンクロスの画像やデッドクロスの画像のそれぞれのクロス後の動きのように、短期・中期・長期が綺麗に並んで推移していることを「パーフェクトオーダー」と言います。

 

 

  • 上昇トレンドの場合は上から短期→中期→長期
  • 下降トレンドの場合は逆に上から長期→中期→短期

 

パーフェクトオーダーそのものがサインとなり、3つの移動平均線が綺麗に並ぶので、トレンドが生まれる確立がグっと高まるとされています。

 

FXの複数移動平均線を使ったMT4画像3

FXの複数移動平均線を使ったMT4画像3

 

FXの複数移動平均線を使ったMT4画像4

FXの複数移動平均線を使ったMT4画像4

 

 

FXの移動平均線!MT4での設定とゴールデンクロスを含む3大手法とは?のまとめ

上昇トレンドなのか下降トレンドなのか、

そうしたトレンドや相場感を知るのがトレンド系インジケータの役割となります。

 

移動平均線の使い方としては、種類よりも短期・中期・長期といった複数期間の線を使うことで、トレンドを知る使い方が一般的です。

 

  • 「ゴールデンクロス」
  • 「デッドクロス」
  • 「パーフェクトオーダー」

 

この3つの特徴的なサインを把握しながら取引を行っていくのが一般的ですが、分かりやすいサインのため、「だまし」という裏をかくような動きも見られます。

 

そういった際には、他の指標やファンダメンタルズ分析も駆使しながら、回避していきましょう。この記事が、皆さんのFXライフに役立てれば幸いです。

 

MillionCashBackの更新情報受け取るには、購読ボタンをクリック!  
Your Website Title

キャッシュバック業界No.1リベート率

海外FXサイト「MillionCashBack」

「このサイトで勝ち組トレーダが生まれるのか!?」というのをコンセプトに、
業界最高値のキャッシュバック率と、役立つ情報発信をしていきます。