MT4でSL、TP(損切り、利益確定)を自動入力するツール

このツールはポジションを持った瞬間にあらかじめ設定をしておいたpips数で、

TP(テイクプロフィット)とSL(ストップロス)を入れることが出来るツールです。

 

 

成行き注文はどの業者でもボタン一つで出来ますが、あなたはTPとSTを入れにるのに時間がかかっていませんか?

 

もし時間がかかっているのなら、過去の事件「スイスフランショックやご発注ショック」のような相場が出現した場合、一瞬で損失を被り命ともいえる証拠金を失ってしまう可能性があります。

 

FXでは「必ずSTとTPを入れる」ことは必要になります。

なぜならFXでは1秒先でさえも何事も起こりえるからです。

 

必ず損切りを入れないとトレーダーとしての資格はありません!!

 

ケアレスミスで経済指標の存在を忘れ、大暴落に巻き込まれる可能性もあります。

知り合いのトレーダーは以前に、イギリスの消費者物価指数の発表を忘れてしまい、

注文を入れて5秒ほどで60pips程損失を出しました、、、

 

 

 

このトレーダーは普段は30pipsで利益確定をし、15pipsほどで損切りをしているそうですが、この時は普段の4倍もの損失をだしてしまいました。

 

これは誰にでも起こりえることで、確実に損切り価格を入れていれば問題ありませんでした。

 

 

 

価格が逆に動いていたとしても、利益確定価格を入れていることで、

ラッキーなことに利益を出すことが出来ます。これは一例ですが、

利益確定価格と損切り価格を入れる事はFXで勝ち続ける上で、必ず入れる必要があります。

 

他のサイトにも「ワンクリックオーダー」に似たツールはありますが、

私が作ったツールは一番使いやすく、確実に価格入力が出来るようにしました。

 

他サイトのSL、TP(損切り、利益確定)を自動入力するツールとの差別化

 

他のサイトのツールを使って私が思ったことは以下のことです。

  1. 価格入力されるまでの時間が遅い、または条件がある
  2. ウインドウを別で開いている必要があり操作がややこしい

 

①については、ローソク足が動いてから、価格が動いてから、といった条件があり、条件をクリアしても一定確率で入力に失敗しているといったツールもありました。

 

 

 

 

非常に多機能なツールを紹介しているサイトもありましたが、

私が思ったのは上記の②の問題です。ややこしいし、操作を覚える必要がありました。

 

 

そこで私はワンクリックオーダーを制作する際、

成行注文で取引した際に、即座に確実に価格入力する。

という必要最低限で誰でも使いやすく分かりやすいものにしました。

 

 

使用開始時の設定として、現在価格とどれくらいの価格差で自動入力するか設定すれば、いつも通り取り引きをするだけで問題ありません。

 

もちろん設定は簡単ですし、いつでも変更可能なので安心してください。

 

 

スマートフォン(スマホ)iphoneなどのMT4アプリにも対応します。

 

お客様から要望がありMT4アプリからも、

ワンクリックオーダーを利用できるように更新いたしました。

 

スマホのMT4アプリから利用には、PCにVPSを導入しMT4を動かしている必要がありますが、

チャートにツールを適用しておけば、スマホアプリで成行注文した際もツールが働き、自動で利益確定、損切価格を入れることが出来ます。

 

 

ワンクリックオーダーの設定方法

まずはナビゲーターを表示させるために星のマークのアイコンをクリックします。

次にナビゲーターを一番下のほうまでスクロールしますとエキスパートアドバイザがあるので、

その中の「One Click Order」をクリック。

すると以下のような画面が出てくるので、

自動売買を許可するにチェックマークが入っていることを確認してからOKをクリックして下さい。

これで設定は完了ですが、うまく設定できていない人は自動売買をクリックすれば設定完了です。

なんだか難しく思うかもしれませんが

実際クリックしているだけなのでやってみるととても簡単です。

以下は設定方法から利益確定PIPSと損切り確定のPIPSの変更方法まで

まとめた動画なので参考にしていただければと思います。

MillionCashBackの更新情報受け取るには、購読ボタンをクリック!  
Your Website Title

キャッシュバック業界No.1リベート率

海外FXサイト「MillionCashBack」

「このサイトで勝ち組トレーダが生まれるのか!?」というのをコンセプトに、
業界最高値のキャッシュバック率と、役立つ情報発信をしていきます。