PepperStoneとTitanFXを比較してみると、似ている所が多すぎた。

皆さん、PepperStoneという海外FX業者をご存知でしょうか?

PepperStoneはかつて海外FX業者の中で、もっとも人気のある業者の1つでしたが、

PepperStoneは日本へのサービスを停止し、日本人向けの口座が

2014年12月31日に完全閉鎖となりました。

 

何故PepperStoneが日本を撤退することになってしまったのでしょうか?

Pepperstoneが日本を撤退した理由

大まかに言ってしまえば、

日本の金融庁の圧力が原因です。

日本の金融庁からオーストラリアの規制当局に対して圧力があった為に、

撤退せざるを得なかったようです。

 

日本の金融庁は国内で営業許可を取っていない海外FX業者が、

日本国居住者に対して営業活動をする事を快く思っていなく、

特に日本語ホームページを作って日本人顧客を勧誘している

業者に対して警告を行っているようです。

 

 

そのとき、たまたま日本の金融庁がオーストラリアの金融庁に圧力をかけた為に、

PepperStoneはもちろん、オーストラリアライセンス業者も、

日本居住者の口座開設を停止してしまいました。

 

しかしながら、PepperStoneと同時期に撤退をしたThinkForexも

撤退した際に資金の全額返済をするなど、

顧客のことを考えてサービスをしていた優良業者だった事が分かります。

PepperStoneの生まれ変わりTitanFXの登

PepperStoneで取引をしていた日本人トレーダーは、

代わりとなる海外FX業者を探しましたが、

当然、彼らが何を求めるかと言えば、

今までと比べて同等かそれ以上のサービスを持つFX業者です。

 

そんな時に誕生したのがTitanFXで

 

TitanFXのサービスはPepperStoneにとても似ており

PepperStoneユーザーにとっては非常に良い移動先

だったことが伺えます。

 

実はTitanFXは、PepperStoneの上層部によって作られた業者で、

TitanFX がPepperStoneと似ているのは、これが大きな要因だと言えるでしょう。

 

PepperStoneとTitanFXを比較すると様々な共通点が見つかる

STP口座の平均スプレッド
Zeroスタンダード口座
(TitanFX)
 スタンダード口座
(PepperStone)
USD/JPY 1.33pips 1.33pips
EUR/JPY 1.74pips 1.74pips
GBP/JPY 2.45pips 2.45pips
AUD/JPY 2.12pips 2.12pips
EUR/USD 1.20pips 1.20pips
GBP/USD 1.57pips 1.57pips
AUD/USD 1.52pips 1.52pips

 

ECN口座の平均スプレッド
Zeroブレード口座(TitanFX)  Razor口座(PepperStone)
取引手数料(pips換算) 往復0.7pips/lot 往復0.7pips/lot
USD/JPY 1.03pips
(0.33pips)
1.03pips
(0.33pips)
EUR/JPY 1.44pips
(0.74pips)
1.44pips
(0.74pips)
GBP/JPY 2.15pips
(1.45pips)
2.15pips
(1.45pips)
AUD/JPY 1.82pips
(1.12pips)
1.82pips
(1.12pips)
EUR/USD 0.90pips
(0.20pips)
0.90pips
(0.20pips)
GBP/USD 1.27pips
(0.57pips)
1.27pips
(0.57pips)
AUD/USD 1.22pips
(0.52pips)
1.22pips
(0.52pips)

上記のように平均スプレッドが完全に一致をしています。

()内スプレッドのみ表記、()外スプレッドに取引コストを上乗せした数値を表記しています。

約定力も同レベルでスキャルピングし放題

さらにスプレッドのみ、ではなく約定力に関しても、

PepperStoneTitanFXは同じような超スピード約定をします。

 

  • TitanFXの約定執行率99.97%
  • PepperStoneの約定執行率99.44%

 

約定執行率に関しては、僅かにTitanFXのほうが高いです。

スキャルピングにも十分すぎるスペックを持っている事がわかると思います。

PepperStoneとTitanFXは資金移動も可能

TitanFXPepperStone口座からの資金移動が可能であり、

さらに手数料等は掛かりません。

この仕組みにより、PepperStoneの顧客であった日本人の多くは、

TITANFXに流れる事となりました。このような経緯から、

TitanFXはPepperStoneの生まれ変わりだと考えてほぼ間違いないと言えるでしょう。

 

当時からPepperStoneは優秀なスペック

持っており安心できるサービスを行っていたので、

同等のサービスを提供しているTitanFXは、

とてもお勧めできる海外FX業者の一つです。

PepperStoneとTitanFXを比較してみると、似ている所が多すぎた。

2017.08.18

TITANFXリベートキャッシュバック

Standad4.0USD
Blade1.0USD

MCB経由で口座開設をすればキャッシュバックが受け取れるので,

TITANFXのスプレッドがさらに短縮されます。

「追証なし」「低スプレッド」「高速約定」の最強口座を

手に入れたいならボタンをクリック!



キャッシュバック業界No.1リベート率

海外FXサイト「MillionCashBack」

「このサイトで勝ち組トレーダが生まれるのか!?」というのをコンセプトに、
業界最高値のキャッシュバック率と、役立つ情報発信をしていきます。