ヒカキンさんの名言と流儀 NHKの『プロフェッショナル』から紹介

ブンブン、ハローFX。 どうもライターのホッシーことホシダ@yokohamaponpon)です。

『ユーチューバーという仕事、知ってますよね?』

その中でも、ヒカキンという人を知っていますか?

ヒカキンさんは、日本一のチャンネル登録者数を誇るトップユーチューバーです。

 

そのヒカキンさんがNHKのプロフェッショナルに出演されていました。

密着ロケの中で出演者の流儀や名言を紹介する番組ですが、ヒカキンさんの回はとてもタメになりました。

この記事では、ヒカキンさんがプロフェッショナルで発した言葉をほぼ全部書き出してみたのでセリフごとに名言として紹介したいと思います。

では始めます!

ムフフフフフフ。←ヒカキンさん風の笑い方で

 

ヒカキンの名言

YouTubeとは?と聞かれて

『僕としては、すごく夢のある仕事なんですよ。』

 

エアロスミスとの共演の際に

『スーパーで働いていた人間が次の年にエアロ・スミスをステージに立つ。YouTubeが無い時代だったらまず起きていない。』

 

打ち合わせの時に…

『失礼します。よろしくおねがいします。』

 

動画の冒頭部分で

『どうもヒカキンです。ストレス社会に生まれたヒカキンです。それはみんな同じこと。』

 

動画の中から

『10円玉の大合唱だ!』

 

動画内より

『小さい頃に夢見たあのチャレンジを…。』

 

いつもの決め台詞

『ブンブン ハローユーチューブ。これからもよろしく。』

 

動画を誰に届けているのか?

『ちょっと悩みがある人が見ている人は多い気がするんですよ。』

 

視聴者に向けて

『人生楽しいことだけじゃないから、ムハハ…w YouTubeって 息抜きとか楽しむために何かしら見ることが多いと思うので、僕の動画って学ぶために見ているというよりは、楽しんでもらうためにある動画だと思っているんで少しでも多くの人がクスっとしてくれたらいいかなって…。そういう意味で僕も楽しそうじゃないとダメかなって。ふふ。』

 

玄関の山積みの商品について

『玄関がめちゃくちゃ汚いんですけど すみません。ものがたまりすぎて…。』

 

紹介商品について

『これは、カバンが軽く感じるフック。手首で使う感じで。』

 

商品について

『これは、おならボムってやつなんですけど。パンとやると膨らんできて爆発するんですよ。そうすると 部屋中がめっちゃ臭くなる。』

 

寝起きでスタッフを迎える

『そして寝起きという… すみません』

 

徹夜の頻度

『朝まで編集していたんで今起きましたね。』

 

食事ついて

『甘いものを食べて頭を回転させていかないと。』

 

密着スタッフに対して

『シャワー浴びてきます。ゆっくりしていて下さい。』

 

動画内より

『すんごいぐちゃぐちゃだけど味はたこ焼きです。味100点レベル見た目はこんな感じなんで86点』

 

編集作業開始時

『よし!やろうかな!』

 

商品を下調べ中に

『買ったものの情報を間違えると大変なので…。』

 

商品紹介前に

『やべぇ(商品の)中、見えちゃう見えちゃう。あんまり商品の中身知らなく行きたい。』

 

動画の冒頭にて

『どうも金が大好き ヒカキンです。』

 

自分とは?

『お客さんとして本当に商品を買って思ったことを言うところがタレントというより視聴者と同じ立場で自分を撮ってるだけ。そこはそこら辺にいそうな兄ちゃでいたい。』

 

編集について

『YouTuberはどこかで身近さで人気になったと思ってるので敢えて作り込んでいないのが共感を生んでるのかな。』

 

編集を一人でやるこだわり

『一個人がやっってることら小回りがきくと部分とかでリアルなことが自由にできる。』

 

動画内にてのコメント

『いでよ。純金箔トランプ。純金箔トランプはトランプタワーに向いていません。説明書に書いてあるんだよね。貴族のように遊ぶトランプ…そもそも貴族ってどんな人達かもよくわからない。』

 

心得

誰が見ても嫌な気持ちにさせたくない。たとえば散れ散れ散れとか言ってこうやってやっていたらちょっとよくないかなと。こういうところで分かれるんですよ炎上って。大丈夫っしょとか何も考えないで調子こきすぎると案外楽しく見れない人がいたりする。』

 

動画内にて

『10回位やりたいなこれ。トランプ拾いになっちゃう仕事が。』

 

編集中でのコメント

『これでもないな これか これか あ〜 迷うなどっちか? これ。全然終わらないですねコレ。結構時間かかるやつですね。』

 

編集のこだわり

『人に任せて まぁ70%ぐらいの出来だけど これで空いた時間になにかしようとていう方向性も全然ある。ただ ずっと100%で作ってきたものが70%に薄まった瞬間に少し今まで全力で伝えてきたものが落ちちゃうのが残念って思っちゃうんですよ。本当のファンは、凄くがっかりするじゃないですか。ちょっと違うだけで気付いちゃうんですよね。』

 

 

ヒカキンさんの流儀いかがでしたか?

仕事や日々の生活にも取り込めそうですね。

是非参考にしてみてください。

MillionCashBackの更新情報受け取るには、購読ボタンをクリック!  
Your Website Title

キャッシュバック業界No.1リベート率

海外FXサイト「MillionCashBack」

「このサイトで勝ち組トレーダが生まれるのか!?」というのをコンセプトに、
業界最高値のキャッシュバック率と、役立つ情報発信をしていきます。