「必読」FXの勝つコツ、負けないコツは逆指値を利用して損切りをすること

永遠の初心者「佐伯」
ここで…マイナスを決済すれば…ここで、損切りするんだ、うぅ…

 

リョウコさん
あら、情けない顔して、随分手が震えてるわよ、どうしたの?

 

 

永遠の初心者「佐伯」
予想が外れたので早めに損切りしたいんですけど、

やっぱり、マイナスを確定させるのは抵抗があるんです。

少ないマイナスでも『塵も積もれば』になりそうで…

 

リョウコさん
もちろん、『負けてもいっか』なんて思ってやってたら、

読みが甘くなって勝てるものも勝てないわ。

でも、損切りはより大きな損失を防ぐためのものなのよ。

 

FXでいう損切りというのは、

例えていうなら、自分の予想のはずれを認めて、損失を確定させることです。

 

この決済はトレードをする上での精神的ストレスになってしまいますが、

FXで長く利益を上げ続けるコツとして、とても大切なことです。

 

 

 

FXの最大のコツ。損切りのメリット

損切りをすることにより、

ロスカットや追証といった多大なる損失の強制決済を防ぐことが出来る。

というのがメリットです。

 

明確な損切りの基準を持たずに、FXで勝てている人は一人もいません。

 

逆に、損切りができないということだけで、大きな損失を出してしまい、

大事な資金を失ってしまったという人はいくらでも見てきました。

 

 

しかし、損切りを実際に行うのは精神的ブレーキがかかるものです。

それではどのようにすれば、精神的ブレーキの影響を受けずに損切りをすれば良いのか?

答えは逆指値をあらかじめ入れておくことです。

 

大きく負けないためのコツとして逆指値で損切りをする

 

初心者にありがちなのは「1円も損を出さない」という考え方ですが、

これは証拠金の度重なる追加からさらに大きな損失につながったり、

塩漬けによる機会損失を招きます。

 

予想が大きく外れた場合は、

潔く傷が浅い内に決済してしまうということも重要なのです。

 

それが、「逆指値」という「いくらまで含み損が出たら決済する」価格を決めておくことです。

この逆指値の決め方が難しいところです。

 

逆指値の設定は、指値やこの取引でこれだけ儲けたいという設定あってこそです。

逆指値だけの設定で、利益を確定させてないと、

いつか訪れるであろう急変を待つだけでしかありません。

 

この取引で儲けたい金額、そこに達するための変動幅、

それに合わせた所持想定期間や手法を総合して設定していくわけです。

 

それでも逆指値を手動で設定することを躊躇ってしまうのであれば、

自動で逆指値を設定できるツールもありますので活用してください。

 

FXの勝つコツ、負けないコツは「損切りを恐れないこと」のまとめ

 

FXの勝つコツ、負けないコツは「損切りを恐れないこと」でした。

初心者の方ほど「1円でもマイナスを出すことはいけないことだ」と思いがちですが、

取り返せないほどこ大きな負けに膨らむことのほうがよっぽど危険です。

 

特に、証拠金に余裕がない状態で、この考えを貫くと、いつしか追加する投資金が底を尽き、

投資目的のお金ではなかった「手をつけてはいけないお金」に手をつけて、

溶かしてうまうというのが負けの最悪のケースと言えます。

 

 

対策としては、指値と合わせて逆指値を設定すること。

逆指値の設定の目安は、その通貨ペアの通常の変動幅を超えた変動があった値です。

これにより、相場の異変にいち早く気づくことが出来ます。

 

相場の急変というのは毎日起こるようなものではありません。

ですので、ある程度小幅に勝ちを積むことは、実はそれ程難しくはありません。

 

しかし、この急変のときの対策がされていないため、

大きく負けてしまい今までの勝ちはあっという間に飲まれてしまう。

というのがよくあるパターンです。

 

前回の証拠金に余裕を持つこと今回の損切り、

この2つのコツはぜひ実践して欲しいと思います。

 

もしこの2つのコツを取り入れてみて、

それでも今ひとつ思い通りの取引が出来ないという方は、

通貨ペアや取引スタイルの見直しが必要です。

 


キャッシュバック業界No.1リベート率

海外FXサイト「MillionCashBack」

「このサイトで勝ち組トレーダが生まれるのか!?」というのをコンセプトに、
業界最高値のキャッシュバック率と、役立つ情報発信をしていきます。