コレが無ければチャート分析は出来ない!「ローソク足」の構成を解説

FXではチャートが全てと言い切れるほど、チャート分析はとっても重要なもの。
チャートで値動きを予想するにはいくつかの方法がありますが、
今回はほとんど全てのトレーダーが使用しているローソク足について解説します。

ではローソク足とはそもそも何なのでしょうか?

ローソク足とは価格推移を4つの要素からローソク足の形に表したものです。
そしてローソク足を連続で表示させて出来上がっているのがチャートなのです。

 

様々なチャート分析の基本!ローソク足

チャートはFXだけではなく株価変動を表す事にも使用されていますが、
テクニカル要素の強いFXでは、このチャート分析が勝敗を分ける最大のポイントとなります。

だからあなたは、チャートを用いて過去や現在のチャートを分析し、これから起こる値動きを予測をする必要あるわけです。トレーダーがテクニカル分析で未来予測をするからこそ、そこで値動きが生まれることになります。

このページでチャート分析に使う最大の要素のローソク足を形成する4つの価格や、
ローソク足の形による呼び方も書きますので頭に叩き込みましょうね。

ローソク足を構成する4つの価格

ローソク足は4つの価格(始値・高値・安値・終値)を使用し作られています。

始値・・・一定期間内の始りにつけた価格。
終値・・・一定期間内の終わりにつけた価格。
高値・・・一定期間ないの最も高い価格。
安値・・・一定期間内の最も安い価格。

陽線、陰線と聞いたこともあると思いますが、その区別は
始値よりも終値の価格が高いローソク足は陽線、

始値よりも終値の価格が安いローソク足を陰線とよびます。

ローソク足を極めるものは相場を制す

ローソク足はその時間帯の高値や安値を一目で分かる超優れもので、
値動きを図形化したものです。これの凄い所はトレーダーの中には、
インジケータなしのローソク足だけチャートに表示させ、
これから起こる相場の未来を予想している専業トレーダーもいることです。

もちろんインジケータを使用し利益を上げ続けている専業トレーダーもいるのですが、
ローソク足を使わないトレーダーはいません。
だから、ローソク足を極めるものは相場を制すのです。

次回はローソク足の形で分かる相場予想の一般例をブログで書くので、
そちらも読むことをお勧めいたします。