ボリンジャーバンドトレーダーが探していた機能「ボリタッチ」

ボリタッチはボリンジャーバンドに価格がタッチしたらアラームで知らせてくれる!

過去の値動きでボリンジャーバンドに

価格がタッチした所に自動でチェックを入れてくれるツールです。

 

FXではトレンドや激しい値動きよりもレンジの時間の方が明らかに長いので、

そういった所でチャートに張り付く時間も少なくなりますし、

過去のチャートにも自動でチェックを入れてくれているので、検証の際にも必ず役に立つはずですよね。

ボリタッチは様々なボリンジャーバンド手法に対応

ボリンジジャーバンドは、インジケータの中でも特に人気ですよね。

ジョン・ボリンジャー氏が考案したインジケータで、

「価格の大半がボリンジャーバンドの帯(バンド)の中に収まる」という統計学を応用したものです。

 

このインジケータを使った主な手法は、ボリンジャーバンドの帯に価格がタッチして反転を狙うか

帯に沿って価格が推移するバンドウォークだと思います。

ボリンジャーバンドを使った手法だけでも、色々な手法があるので、

このツールも様々な方法で活用できるはずです。

ボリタッチの設定方法

まずはナビゲーターを表示させるために星のマークのアイコンをクリックします。

次にナビゲーターの中の「インディケータ」をダブルクリックします。

そうすると「インディケータ」の中段辺りに

「Boli Touch」がありますので、

ダブルクッリクをして下さい。

するとウィンドウが開かれますので、

OKを押してチャートに適用させます。

この際に「パラメーターの入力」「色の設定」タブで

ボリンジャーバンドのカスタマイズも出来ますし

アラームの音を鳴らすか、

消音させるかの設定も出来るので、

自身の好みのカスタマイズをする事が出来ますので

ボリンジャーバンドを手法として組み込んでいる方は

色々試してみてくださいね。