【初心者必見!】仮想通貨とは何か?特徴と暗号通貨との違いについて

「仮想通貨」という言葉を最近耳にする機会が増えてきています。

低コスト、利便性、投機性などの面から採用する企業や個人がどんどんと増えてきています。

 

また仮想通貨バブルという言葉があるとおり、

仮想通貨投資をして巨額の富を手にした人いるようです。

 

そんな仮想通貨は一方で「暗号通貨」とも呼ばれていることをご存知でしょうか?

今回は仮想通貨の特徴と暗号通貨との違いについてご説明させて頂きます。

仮想通貨とは

仮想通貨とは、インターネット上で使うことができる仮想の通貨のことで、

現在700種類もの仮想通貨が存在しています。

 

実物は存在せず、通貨の管理者も存在しません。

代表的な仮想通貨にはビットコインやイーサリアム、

ライトコインやリップルなどがあります。

 

仮想通貨の特徴

仮想通貨の他にはない特徴を以下にまとめてみました。

仮想通貨
  • 中央銀行(日銀)がない
  • 実物がない
  • 取引所を通して売買することができる
  • 世界中の人と直接取引ができる
  • 為替手数料や送金手数料がかからない
  • 送金スピードが速い
  • FXと同じ手売買差益を狙うことができる
  • 実際にオンラインショッピングなどで通貨として利用できる

 

常の通貨に比べて取引コストがかからないことから、

仮想通貨を採用している企業は年々増加しています。

 

暗号通貨とは

暗号通貨とは、暗号の技術を用いた通貨になります。

Virtual Currencyや価値記録とも言われていて、

円やドルなどの法定通貨の対義語として使われることが多いです。

 

仮想通貨と暗号通貨の違い

仮想通貨は、資金決済に関する法律で以下の2つに定義されています。

物品を購入し、若しくは借り受け、又は役務の提供を受ける場合に、

これらの代価の弁済のために不特定の者を相手方として、

購入及び売却を行うことができる財産的価値(電子機器その他物に電子的方法により

記録されている物に限り、本邦通貨及び外国通貨並びに通貨資産を除く。

 

不特定の者を相手方として前号に掲げるものと

相互に交換を行うことができる財産的価値であって、電子情報処理組織を用いて移すことができるもの

 

以上に対して、暗号通貨という名称では特に法律では定められていません。

仮想通貨と暗号通貨は同じ意味だった

つまり「仮想通貨」に範囲内に暗号通貨が含まれていることになりますが、

 

この2つに違いはなく、ほぼ同じ意味で、

日本では、ビットコインなどは「仮想通貨」として

知られていますが、世界では「暗号通貨」と呼ばれています。

 

これは、日本の情報媒体が「暗号通貨」と呼ぶよりも

「仮想通貨」という言葉を用いたのは、

仮想通貨の方がよりイメージが湧きやすいからになります。

そのため、ビットコインを始めとする暗号通貨は仮想通貨として知られることになりました。

 


キャッシュバック業界No.1リベート率

海外FXサイト「MillionCashBack」

「このサイトで勝ち組トレーダが生まれるのか!?」というのをコンセプトに、
業界最高値のキャッシュバック率と、役立つ情報発信をしていきます。