2019/05/24

FXでおすすめのVPS会社は?メリットと選び方を解説

 

この記事を書いている人 - WRITER -

VPSってよく聞くけど、実際どんなメリットがあるんだ?どんな会社が良いのかもわからないし[/chat]という方に向けてFXでVPSを利用するメリット、VPS会社を選ぶ基準、おすすめのVPS会社を紹介します。

 

この記事でわかること

FXでVPSを利用するメリット
FXで使うVPS会社の選び方
おすすめのVPS会社

 

FXでVPSを使うメリット

FXでなぜVPSを利用するのかメリットが分からないという方もいるかもしれません。しかしFXでVPSを利用することには、主に4つのメリットがあります。

  • 自宅のPCの電源を24時間つけておく必要がない
  • Windows ServerOSならではの安定性
  • 外出先からのアクセスも可能
  • 裁量スキャルピングの精度が上がる

詳しく解説していきます。

自宅のPCの電源を24時間つけておく必要がない

FXでEAを利用している場合、EAを稼働させ続けるには、PCの電源を常に付けておく必要があります。そのため電気代がかかるのはもちろん、PCは長時間の連続使用を想定してつくられていないため、PC本体に大きな負担をかけてしまうことは避けられません。

 

通常PCは4年程度使用できるものが多いですが、長時間使用している場合には、比較的早く使えなくなってしまう可能性があります。さらに自宅のPCの電源をつけておいても災害などで停電が起これば、電源が切れて損失の原因になる可能性も否定できません。

 

 

しかしVPSであれば、一度設定を済ませてしまえば、PCの電源を切っても1台のWindowsPCがVPS業者にあるような形でインターネット経由で、自宅のPCやスマートフォンから、仮想のWindowsPCを表示、操作することが可能です。

 

自宅のPCの電源を24時間付けて置かずとも、24時間常にEAを稼働させておくことができます。

 

Windows OSサーバーならではの安定性

EAを24時間稼働させており、複数のポジションを保有している場合や、EAを使っておらず、裁量トレードをしているおり、ポジションを保有している場合に、万が一PCが止まってしまえば、大きな損失の原因になります。

 

 

しかしVPSのサーバーなら途中で止まってしまい、損失を発生させてしまうということはありません。安心してトレード可能です。

 

 

外出先からのアクセスも可能

VPSを利用すれば、外出先からもスマートフォンやタブレット、パソコンなど様々なデザイすから操作することが可能です。そのため例えば仕事をしている時に、ファンダメンタルズ的に重要なニュースがあった際には、スマホからすぐに自動売買を停止できます。

 

「自分は裁量トレードだし、スマホでMT4をみることができるから自分はVPSは不要だ」と感じる人もいるかもしれません。しかしスマホのMT4はチャートがいつもPCで見ているものと異なるため、スマホではトレードをしにくいという人は多いです。

 

VPSを使えば、スマホからいつもPCで見ているチャート画面を見てトレードできます。そのため裁量トレードをしている人にもVPSは非常に人気です。

 

裁量スキャルピングの精度が上がる

裁量トレードでスキャルピングを行なっている場合、約定力が非常に重要なのはご存知の方が多いでしょう。数pips程度の非常に小さな利益を狙うスキャルピングにおいては、約定時に数pips程度のスリッページが発生してしまうだけでも、利益がかなり小さくなってしまうからです。

 

約定力は様々な要素によって決まりますが、その1つがサーバーの通信速度です。例えば、海外FX会社のXMを利用する場合、PCで通常のトレードを行うと日本のサーバーを経由して海外のXMのサーバーに注文情報などが伝達されます。

 

そのため少し時間がかかってしまうわけです。一方、海外にサーバーのあるVPSを利用すれば、海外のサーバーから直接海外のサーバーへ注文情報などが伝達されるので、約定力が高まります。普通の相場ではそれほど違いを感じないかもしれませんが、レートの動きが活発な時には違いが実感できるはずです。

 

FXで利用するVPSの評価基準

ここまでFXでVPSを利用するメリットを紹介してきました。そこでここからは実際にどんな評価基準でFXで利用するVPSを選んでいけば良いのか紹介します。

FXで利用するVPSの評価基準は以下の通りです。

  • 簡単に設定できる
  • VPSを不具合なく利用できる
  • 運営実績が長い。利用者数が多い
  • 他VPSサービスにはない強みがある
  • 運用費用が高くない
  • CPU・メモリ・ディスク容量・回線速度などのスペックが高い
  • 1ヶ月の転送量制限が緩い

 

FXでおすすめのVPS

 

上で紹介した評価基準を元に有名ばVPS会社を評価し、ランキング形式でおすすめ順に紹介していきます。

 

1位:お名前.com デスクトップクラウド for MT4

1番おすすめのVPSはお名前.comデスクトップクラウドです。お名前.comはGMOクリック証券で有名なGMOが提供している非常に信頼できるサービスであるほか、FXの自動売買に十分に対応できるスペックのVPSが1,770円から利用できます。

 

さらにお名前.comは日本のVPSですが、他社と比べても数段スピードが速く少しでも約定力を高めたいという方におすすめです。

 

また最新式のWindows Server2019を搭載しており、普段使っているデスクトップと同じインターフェースでVPSを利用できます。VPSでも普段通りにトレード可能なので非常に便利です。他にもお名前.comにはMT4を使ってトレードしている方向けの、サービスも存在し、リモートデスクトップに接続すればすぐにMT4を起動することが可能なので、初心者でも簡単に始められます。



 

2位:ABLENET VPS 仮想デスクトップ

ABLENET VPS 仮想デスクトップは大阪に本社を置く「ABLENET」社が提供しているVPSサービスです。「仮想デスクトッププラン」は年間料金を一括払いすることで月額1,600円からという業界最安の料金で利用できます。また料金が非常に安いものの、転送量に制限はありません。

ただし他のVPS会社よりも運用実績がないため、若干信頼性に欠けてしまうというデメリットがあります。

 

3位:使えるねっと FX専用VPS

 

使えるネットはお名前.comと日本国内で双璧を成すVPS会社です。運営実績が長く利用者数が多いため安心して利用できます。お名前.comと同様に日本とニューヨークにサーバーが設置されているので、海外FX会社を利用している方にピッタリです。

また使えるねっとは全てのプランにより高速にデータ転送が可能なSSDを搭載しています。そのため非常に素早く操作することが可能です。

まとめ

VPSを利用することで、EAの利用者もそうでない方も大きなメリットを享受することができます。このページで紹介した「お名前.com デスクトップクラウド for MT4」「ABLENET VPS 仮想デスクトップ」「使えるねっと FX専用VPS」であれば、どれでも問題なく利用できるはずです。利用を検討してみてください。

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© 海外FXキャッシュバックサイト!MCB , 2019 All Rights Reserved.