外国為替証拠金取引(FX)を小太りのオジサンの画像を出しながら解説

このコラムでは、「初心者ルーム」ということで、

知っているようで知らない「FXとは何なのか」ということから内容を紹介していきます。

 

既にFX取引をしている方でも、意外と説明出来ない項目もあるかと思いますので、

これからFXを始めようとしている方も、既にFX取引をしている方も、

きちんとした理解の上で、取引に役立ててもらえたらと思います。

為替レートはなぜ動いているのか

FX取引は簡単にいえば、チャート上の動きを読んで、

為替レートの値動きを当てるゲームのようなものです。

 

そこで質問ですが、FX取引を既にされている方は、

なぜ為替レートはなぜ動いていると思いますか?

 

貨の価値が動く、というとなんだかピンときませんが、

外国為替といえども、通常の商売と同じです。

人気があれば価値が高くなり、気がなければ価値は低くなります。

FXを『両替』という考え方をしてみる

当たり前ですが、買いたい人がいて、

売りたい人がいて、売買が成立していますよね。

 

しかし、FXのレートは為替相場ですので、

感覚としては「売買」というよりは「両替」に近い感覚で、

考えるとわかりやすいかも知れません。

 

ちなみに、「FX」というのは「Foreign Exchange」から

来ていると一般的に言われています。

 

海外を旅行するときに、その国で使うお金に両替しますよね。

カード決済が多い方や、現地で日本円が使える場所に行く方でも、

硬貨や少額紙幣の両替をする方が多いのだろうとおもいます。

 

では、毎日レートが変動するのは、それだけ多くの旅行者が日々行き来し、

両替しているからでしょうか?

 

いいえ、「両替」をしているのは、実は旅行者だけではなく、

世界中どの人も、いたるところで両替していることになります。

それは、通貨の価値(人気)は、人為的要因が大きいからです。

もし1兆円あったのなら

例えば、想像してみてください。

今、あなたは1兆円を好きに使っていい状態になりました。

とてもじゃないけど「自分が使い切れないお金」があると思って頂ければ大丈夫です。

1兆円あれば欲しいものだってあらかた買えますよね。

しかし、それでもまだまだお金はあります。

さて、どうするか。

 

銀行に預けておいても、微々たる金利でしか利息はつきません。

海外の預金なら利息はもう少しつくかも知れません。

これが外貨預金の考え方です。

株などの投資に手を出すか、はたまた事業でも興そうか。

 

いかにして「お金を増やすか」というよりは、

いかにして「このお金を元手に稼ぐか」。

この考え方が「FXも含まれる投資の運用」の基本となります。

『お金の価値』という考え方

さて、この「使い切れないお金」をどうするか色々考えているあなたは、

ふとこんなことを思うはずです。

 

もちろん、これは哲学的な問いかけではないので、

根本的な「お金とは何か」という話ではありません。

 

単純に「使い切れないお金」を円で持っていて本当にいいのか。

そういった疑問は出てこないでしょうか。

 

国内の物価変動も当然重要ですが、

それ以上に短いスパンで変動しているものがあります。

それが、通貨ごとの相対的な評価です。

これが、為替レートそのものですね。

相対的な国の評価

日本の紙幣や硬貨が何の価値も持たなくなる日は、

そう簡単には来ないかもしれません。

 

これは、自身がどこの国の通貨で資産を持っておくべきかという視点に立ってみれば分かります。

軍事クーデターが頻発している国や、政権が傾いている国、

経済情勢が芳しくない国、いずれの国の通貨も持っていたいと思うでしょうか。

 

しかも安定している日本の円とアメリカのドルの関係でも、

ここ一年位だけで見ても、1ドルあたり20円程度の変動はあります。

 

 

みなさんも既に国内の銀行で、

金利だけでなくATMの利便性や将来性などを総合的に考え、

メインバンクを選んでいるかと思います。

 

特に、昨今は銀行も破綻や経営統合する時代になって久しく、

一昔前よりも厳しい目で銀行を選んでいる方が多いのではないでしょうか。

 

そうした厳しい目の延長線で、

「取引しようとしている通貨」を見た際にどう感じるか。

こうした感覚が、FX取引で必要な感覚の原点だと私は思います。

FXでは通貨の変動幅が利益になる

こうしたお金に対する感覚は、なにも金融関係の専門家でなく、

普通に暮らしている人でも掴みやすいものもあります。

 

例えば、1ドル=90円のときに円をドルに替えて、110円のときにまた円に戻す。

1万ドル分でこれをやれば、手数料等細かい計算は別として、これだけで20万円の利益です。

ニュースで「1ドル=何円」という為替レートを聞きながら、

なんとなくそんなことを考えたことがある方は多いのではないでしょうか?

 

あるいは、トランプ大統領の就任の際、

経済に長けているという印象から、

これからアメリカの景気がよくなると思った方は多いようです。

 

そして、現にドルは買われ、結果的に上がりました。

はたまたユーロの危機や、イギリスのユーロ脱退などなど、

政治的・経済的に大きなニュースはそのまま相場の変動に繋がりますので、

この辺りは株と似ている部分で、待値も含めて買い、売りどちらに傾くか予想します。

 

FXの場合は、相場が上がっても下がっても構わず、

ハイアンドローを予想するのに近い感覚です。

そして、その変動幅がそのまま利益となります。

まとめ

FXの場合は、二つの通貨を選んで、その変動によって損益が決まります。

例えば、ドル円のペアでは、1ドル=何円というのをグラフ化し、

その変動を見ながら、売買のタイミングを見計らいます。

 

「これから上がる」と思ったところで買い、自分が思う利益が出るところで売る。

あるいは、ここからは下がると思ったら、売りから入り、

安くなってから買い戻すといった、FX特有の売買も可能です。

 

FXとは、二国間の通貨の相対的な価値が

どのように変化をするか見極めるものですので、

特に自分が情報を得やすい=予想がしやすいペアから

FX取引を始めるのがわかりやすいかと思います。

MillionCashBackの更新情報受け取るには、購読ボタンをクリック!  
Your Website Title

キャッシュバック業界No.1リベート率

海外FXサイト「MillionCashBack」

「このサイトで勝ち組トレーダが生まれるのか!?」というのをコンセプトに、
業界最高値のキャッシュバック率と、役立つ情報発信をしていきます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です